専門外来のご案内

 

リウマチ専門外来

かつて"慢性関節リウマチ"と呼ばれていた関節リウマチは、今日では病態や病状が刻々と変化することにより、決して慢性疾患ではないとされています。リウマチ専門外来では、このような観点から、専門医が関節リウマチの早期発見と進行予防に努めています。また、全身性エリテマトーデスやシェーグレン症候群など膠原病の患者さまに対し、専門医の立場から診断と治療にあたっております。

リウマチ専門外来スケジュール

  • 毎週金曜日
  • 13:30~15:30
  • ご予約・お問い合わせ
    011-611-9131
※札幌医科大学第一内科の専門医が診察いたします。

当院のリウマチ専門外来について

当院のリウマチ専門外来は、関節リウマチを始めとする「膠原病」を主に専門的に診療する外来です。 膠原病の三大特徴は、慢性炎症性・自己免疫異常・臓器障害です。身体のあちこちで免疫のバランスが乱れたことによって炎症(腫れる、熱をもつ、赤くなる、 痛い)が持続し、特に関節や筋肉などがターゲットになると、リウマチ症状と言われる身体のふしぶしの痛みが主症状になります。また内臓で同様の炎症が生じ ると、生命にも関わるようなダメージが引き起こされます。発病に際してみられる症状は様々で、原因不明の発熱、手足の冷感(レイノー症状)やこわばり、複 数の関節痛、皮膚の変化(紅斑、紫斑など)、あるいは腎臓や肺の異常などがみられます。従って、出来るだけ早期に適切な診断をつけること、および的確な見 通しのもと、必要に応じた十分な治療を行うことが重要です。 関節リウマチなどの膠原病が疑われた場合、あるいは心配される場合は、この疾患に精通した専門医(リウマチ学会専門医)の診察を受けることが必要です。特 に関節リウマチの診療はここ数年、急激に進歩しています。従来、症状が改善しても、徐々に進む関節の破壊や身体障害の進行は避けられないものとされていま したが、新薬を含む有効な治療を適切に行うことで、素晴らしい成果が認められています。関節が壊れることなく生活を全うできる(寛解状態)のみならず、 いったん壊れた関節の修復やあるいは薬が不要な状態を達成できる可能性も報告されています。ほどほどに安定しているからといってあきらめないで、一度専門 医に相談し新しい治療方法を聞いてみることは、決して無駄にはならないと思います。
手指と手関節の腫れがみられる
関節リウマチ患者様の手


レイノー症状を呈する
強皮症患者様の手

当院のリウマチ専門外来の特徴

関節リウマチを含む膠原病に習熟したリウマチ専門医が診療にあたります。 治療の主体となるステロイドや免疫抑制剤は、その使用に際して必ずメリットと副作用のバランスを十分考慮する必要があり、また副作用を予防する方法を講じながら使用するなど、きめ細かな配慮を行います。 また関節リウマチの診療では、複数の抗リウマチ薬を患者さまの状態などに応じて適切に使い分けるとともに、必要に応じて、注射で用いる新薬である生物学的 製剤の導入をアドバイス致します。既に札幌医大病院で多くの患者さまに生物学的製剤を使用している医師が担当しますので、副作用などに関して不安に思われ る点にもきちんと対応可能です。関節リウマチやその他の膠原病における難治例に関しても、最新の情報と経験をもとに適切な治療法を選択することができます。

ご予約・お問い合わせ 札幌同交会病院 011-611-9131