専門外来のご案内

 

肝臓専門外来

B型・C型肝炎といったウイルス性肝炎では、ウイルス学的解析が著しく進歩し、ウイルスの型や量が詳細に分析されるようになり、それぞれの病状に対する的 確な治療が行われるようになりました。肝臓専門外来では、札幌医大第一内科と協力し、ウイルス性肝炎の正確な分析とそれに基づいた最新の抗ウイルス療法を 行っています。また、自己免疫性肝炎などの種々の肝疾患に対しても肝臓専門医が適切な治療を行っています。さらに、肝がんに対しても早期発見を目指した各種画像診断を行っております。

肝臓専門外来スケジュール

  • 毎週水曜日
  • 13:30~17:00
  • ご予約・お問い合わせ
    011-611-9131
※札幌医科大学第一内科の専門医が診察いたします。

当院の肝臓専門外来の特徴

ウイルス性肝炎、自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など)、薬剤性肝炎、脂肪肝など、肝疾患の中には多種多様な肝臓の病気が含まれています。これらのうち、最も代表的な肝炎として、ウイルス性肝炎があげられ、とくにC型肝炎、B型肝炎が多くの方々を困らせている病気として存在しています。 当専門外来では、これらのウイルス性肝炎に対して、詳細な診断とともに、インターフェロンや核酸アナログ製剤といった抗ウイルス薬を使用し、最新の治療を行っています。また、自己免疫性肝疾患や非アルコール性脂肪性肝炎といったウイルス性肝炎以外の肝疾患に対しても積極的に治療を行っております。また、 日々の生活の中で肝臓の心配な方も、是非一度お立ち寄りください。

慢性肝炎の病理組織像
小さい黒い粒に見えるリンパ球がウイルスの潜んでいる肝細胞を攻撃しています。このような攻撃を抑え込むことを目的にいろいろな治療が行われています。
治療前の肝がん
ラジオ波焼灼療法後
ラジオ波焼灼後、がんは消滅しました。
手術に匹敵する効果が得られます。
ご予約・お問い合わせ 札幌同交会病院 011-611-9131