患者様の権利憲章

 
  • HOME
  • 患者様の権利憲章

患者様の権利憲章

札幌同交会病院では患者様の人権を尊重し、より良い医療を提供し、信頼される病院にするため、患者様のあるべき権利と責務について権利憲章を定めます。

  1. 患者様の権利
    1. 安全で良質な医療を平等に受ける権利

      患者様は、社会的身分、人種、民族、信条、性別、障害があること等に関わらず、安全で良質な医療を公平・平等に必要な限り継続して受ける権利があります。

    2. 選択の自由と自己決定の権利

      患者様は、病院を自由に選択する権利とセカンド・オピニオン(他の医師の意見を聴くこと)を受ける権利があります。また、十分な説明を受け、治療を受ける権利と拒否する権利があります。

    3. 情報に関する権利

      患者様は、治療や病状についての情報に関して十分な説明を受ける権利があります。
      また、患者様の個人情報について保護される権利があり、常に尊重されるものとします。

    4. 尊厳を得る権利

      患者様は、プライバシーを守る権利があり、常に尊重されるものとします。また、尊厳を保ち安楽に終末期を迎えるためのあらゆる可能な助力を受ける権利があります。

    5. 宗教的支援を受ける権利

      患者様は、信仰する宗教の聖職者による支援を受ける権利があります。

  2. 患者様の責務
    1. 情報提供と質問の責務

      患者様は、良質な医療を実現するため、医療従事者に自分の健康に関する情報を提供し、十分理解するまで質問する責務があります。

    2. 配慮に関する責務

      患者様は、病院生活におけるルールを守り、他の患者様の医療等に支障を与えないようにする責務があります。

    3. 負担の責務

      患者様は、受けた医療に係る費用を負担する責務があります。

※この憲章は、「患者の権利に関する世界医師会リスボン宣言(1995年)」を参考にしています。
当院は、上記の患者さまの権利を尊重して、医療を提供いたします。
患者さまには、上記の責務を果たされることをお願いいたします。

平成16年11月 1日 制定