ご挨拶

 

ご挨拶

一般財団法人札幌同交会病院は、1956年7月に現在地に開設された財団法人北海道石炭同交振興会の医療部門をその前身とします。
当院では「思いやりのある温かい心で医療を提供する」という理念のもと、開設当初から札幌医大と連携し、時代の要請に応える医療水準を保ってまいりました。おかげさまで、これまで消化器病を主体とした内科専門病院として、地域に根ざした保健・医療・福祉に尽力をさせていただくことが出来ました。
また、その時々の医療のニーズや地域の多様な要請に応えることも必要と考え、消化器、肝臓およびリウマチ専門外来を、またピロリ菌外来を設けました。札幌同交会病院は時代と地域の要請に応える病院として、地域医療を実践してまいります。

診療部基本方針

一. 患者さまの声に耳を傾け、丁寧に診察し、わかりやすい言葉と同意のもとに適切な医療を行います
一. 患者さまおよび病院スタッフの安全を確保し、事故の無いように努めます。
一. 院内外の各部門と連携し最善のチーム医療に努め、誠意をもって最善を尽くします。
一. 最新の医学知識と医療技術の研鑽を行い高度な医療を提供できるように努めます。
一. 健全経営を行い、医療機器設備の効果的な活用に努め、地域医療活動を通して社会に還元し、
信頼される病院を目指します。