健診・ドック・予防接種のご紹介

 

高齢者用肺炎球菌ワクチン

高齢者肺炎の予防対策として重要なワクチン接種に、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンがあります。肺炎球菌ワクチンは市中肺炎で頻度の最も高い肺炎球菌による肺炎を予防し、症状を緩和する効果があり、免疫効果も約5年継続すると言われております。
平成26年10月より、国の予防接種法施行令の改正に伴い定期接種化され、ワクチン接種料の一部を市が負担します。

これまで接種したことがある方は費用助成の対象外です。ご注意下さい。
(前回接種から5年以上経過していれば自費での再接種は可能です)

令和4年度助成対象者

接種を希望する札幌市民で、下記の①又は②に該当する方。
① 下記の生年月日に該当する方 料金(税込)
65歳 昭和32年4月2日生まれ~昭和33年4月1日生まれの方 4,400円
70歳 昭和27年4月2日生まれ~昭和28年4月1日生まれの方
75歳 昭和22年4月2日生まれ~昭和23年4月1日生まれの方
80歳 昭和17年4月2日生まれ~昭和18年4月1日生まれの方
85歳 昭和12年4月2日生まれ~昭和13年4月1日生まれの方
90歳 昭和 7年4月2日生まれ~昭和 8年4月1日生まれの方
95歳 昭和 2年4月2日生まれ~昭和 3年4月1日生まれの方
100歳 大正11年4月2日生まれ~大正12年4月1日生まれの方
② ①以外で下記に該当する方
その他 接種日現在で60歳以上65歳未満の方であって、心臓、じん臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを持つ方
(障害等級1級またはそれに準じる方)
①②に該当しない方  
  上記に該当されない(助成対象外の)方 6,160円

持参するもの
  • 年齢と住所を確認できる書類。 『健康保険証』 『運転免許証』 など。
  • 身体障害者手帳(1級)又は医師の診断書(写しでも可)・・・上記対象者②の方
  • 接種料金に係る証明書類・・・下記の料金免除の対象者に該当する方

料金の免除対象者

料金の免除について

対象者のうち、下の表に該当する方は接種料金が免除されます。
料金の免除には、所定の証明書類(いずれか)をご来院時に提出いただきます。

料金が免除される方 持参する証明書類(主なもの)
生活保護世帯の方
(いずれかひとつ)
  • 「生活保護受給証明書(証明願)」
  • 「保護変更決定通知書」  ※世帯主のみ。一番近い月のもの。
    年齢・住所の確認できる書類も持参下さい。

市民税非課税世帯の方
(世帯全員が非課税の場合のみ)
  • 「介護保険料納入(特別徴収決定・変更・停止)通知書」
    〔通知書の2枚目に記載されている保険料段階が第1段階、第2段階、第3段階の方〕
  • 「後期高齢者健診受診券 (原則75歳以上の方)」
    受託実施者が「札幌市」で後期高齢者健診の自己負担額が"0円"である方。
    ※高齢者用肺炎球菌ワクチン接種の為の、受診券再発行はされません。
  • 「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定書」
    (原則75歳以上の方)
    上記の書類を紛失してしまった場合、該当しない場合など、他に証明書類がない場合は、世帯全員分(高校生以下の世帯員を除く)の市・道民税に係る「課税証明書」を提出して下さい。
東日本大震災による被災等に伴う避難のために被災地から札幌市内に居留しており、対象地域に住民登録がある方 ※2
  • 罹災証明書
  • 健康保険証 など
  • 運転免許証 など
※避難前の住所地及び年齢が確認できるもの

※8月以降に接種する方は、当該年度の通知書・証明書が必要。
※被災地として本事業の対象となる市町村
 (岩手、宮城、福島県の全域 青森県、栃木県、千葉県、茨城県のうち一部)


実施期間と回数

令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に1回のみ。


注意事項
  • いずれの方も、必要書類の提出がない場合には免除は受けられません。
  • 後日書類提出をされても返金対応できませんのでご注意下さい。
  • 他ワクチンとの接種間隔について
    ①新型コロナウイルスワクチンとの接種間隔は13日以上空けて下さい。
    ②インフルエンザワクチンとの接種間隔は制限ありません。
    ※ 副反応が出た場合に原因が解り難い為、同日は避けた方が良いと思います。

ご予約・お問い合わせ

ご予約お電話または直接ご来院のうえ、ご予約をお願いいたします。
お問い合わせ 事務部医事課 TEL:011-611-9131